中央工業の鍛造の特徴

材料手配

炭素鋼、合金鋼だけでなく、非調質鋼やステンレス鋼に至るまで、あらゆる鋼材を自社で調節することが可能です。

  • 炭素鋼、合金鋼
  • 非調質鋼
  • ステンレス鋼
      オーステナイト系 SUS304,SUS316
      マルテンサイト系 SUS410
  • チタン、タングステン
      ゴルフヘッド
材料ヤード

門型クレーンによる少スペースでの多鋼種の管理

材料切断~金型制作~鍛造までの一貫した製作体制

金型設計・製造を外部委託している鍛造会社が多い中、中央工業では自社内に金型工場を設けております。これにより、高度な技術とノウハウを自社内に蓄積。その結果、金型の開発/生産から、鍛造工程/製品検査に至るまで、一貫した生産体制を実現し、従来工程間で生じていたムダな動きを少なくすることで、短納期・低コスト・高効率な生産を可能にしました。

金型工場
金型工場
金型工場
金型工場

多彩な設備を保有

ハンマー、プレスラインともに多彩な設備を保有し、お客様の多様なニーズにお応えすることが可能です。

製品に応じた最適ラインを選定します。( 対応製品重量 1kg ~ 20kg )

設備一覧

設備概要 能力 台数 メーカー
材料切断設備 NCシャーリングプレス 600t 1 万陽
シャーリングプレス 200t 2 万陽
丸鋸 Φ60~120 4 津根
鋸盤 400mm 1 アマダ
鍛造設備 全自動フォージングプレス 2000t 2 住友重機械工業
全自動フォージングプレス 1200t 1 住友重機械工業
フォージングプレス 1600t 3 住友重機械工業
エアードロップハンマー 5t 1 エヌエスシー
エアードロップハンマー 3t 1 エヌエスシー
エアードロップハンマー 2t 1 エヌエスシー
エアードロップハンマー 1.5t 1 エヌエスシー
エアードロップハンマー 3/4t 1 エヌエスシー
フォージングロール Φ300,460 3 つくば工機
加熱設備 誘導加熱炉 900kw 1 三井造船
誘導加熱炉 800kw 1 富士電機
誘導加熱炉 650kw 1 三井造船
誘導加熱炉 600kw 3 三井造船、富士電機
誘導加熱炉 500kw 1 (株)ウチノ
誘導加熱炉 400kw 2 三井造船、富士電機
誘導加熱炉 200kw 2 富士電機
後処理設備 ナックルプレス 630t 3 アイダ
ナックルプレス 400t 1 アイダ
ショットブラスト 6 新東工業、伊藤機工
Wクイックハンガーブラスト 1 豊友物産
連続焼準炉 1 三建産業
金型設備 マシニングセンター 5 マキノ、OKK
NCフライス盤 5 OKK他
NC旋盤 4 森精機、オークマ
NC放電加工機 7 マキノ、ソディック
ワイヤーカット放電加工機 2 三菱電機
その他 11
CAD 二次元CAD、
三次元CAD-CAM(cimatron E)
5台 セイロジャパン
CAE 三次元CAE(FORGE) 1台 SCSK(株)
検査設備 磁気深傷機(3台)、硬度計、金属顕微鏡、自動秤量機、デジタライザー、コントレーサー、他一式、三次元測定器

中央工業の特徴

複雑形状品の効率的量産技術

ハンマー鍛造

小物(製品重量1kg以下)の製品やΦ300mmなどの大物(製品重量20kg)の製品など多種多様な製品に対応しております。

小ロット鍛造にも対応しております。


熱間押出品

プレス鍛造

全長225mmまでのシャフトを熱間押出をすることで、歩留りの良い鍛造品を実現。

熱間鍛造品
熱間鍛造品

中央工業の技術

ゴルフアイアンヘッドの精密鍛造

自動車・農機具にて培った技術を応用し、ゴルフアイアンヘッドの精密鍛造を行っております。

鍛造アイアンの製造は、自動車部品以上の加工精度を要求されます。金型の設計におけるCAD/CAMシステムの活用による精度向上・鍛造シミュレーションでの解析による「最新のデジタル技術」とこれまで大切に培われてきた「職人技」を融合することにより、高い技術力を実現しています。

また、弊社とミズノ株式会社殿との共同出願による「グレインフローフォージド製法」は、世界8カ国で特許を取得しております。

「グレインフローフォージド製法」とは?

一般的な製法

フェース部とネック部を別々で作り、溶接でつなげられるため、金属組織(鍛流線)は途切れてしまう。

グレインフローフォージド製法

グレインフローフォージド製法では、一本の丸棒がいくつもの鍛造工程を経て、一つのアイアンヘッドに創り上げられる。
この製法は丸棒にある金属組織(鍛流線)をネック(ホーゼル)からフェースまで途切れることなく成形させることによって、アイアンヘッドの緻密さ、バラつきの無さ、強い耐久性を可能にする。
鍛流線を途切れさせない独自の製法が、ゴルファーにこだわりの打感とパフォーマンスの向上をもたらしている。

中央工業の鍛造の流れ

鍛造品は、まず金型の品質によって決まるといわれていますが、中央工業では創業当初よりその重要性に着目し、自社内に金型工場を設けております。
その結果、金型の開発/生産から、鍛造工程/製品検査に至るまで、一貫した社内生産体制を実現しました。

中央工業の鍛造